夏風邪は普通の風邪と違うの?薬の選び方にポイントはあるの?

夏風邪って他の風邪とどう違うの?普通の風邪と何か違うの?夏に引くから夏風邪という名前なの?
と、兼ねてからの疑問だった事と、昨晩から風邪を引いてノド鼻水が酷いので、タイムリーという事で調べてみました。
夏風邪と風邪は感染するウイルスの種類が異なるそうです。

風邪の8割、9割はウイルスの感染が原因で起こるのですが、そのウイルスの数は200種類以上あるといわれます。
多くのウイルスは寒くて乾燥した環境を好むため、冬に風邪(普通感冒)やインフルエンザが大流行しますが、なかには暑くて湿度が高い夏の環境を好むウイルスもいるそうです。
エンテロウイルス(コクサッキーウイルス、エコーウイルスなど)やアデノウイルスがその代表で、胃腸障害を伴うことが多い夏かぜの原因となっています。
一方、のど、鼻の症状や発熱を伴うことの多い冬のかぜは、RSウイルス、コロナウイルスやインフルエンザウイルスなどが原因で起こります。
春や秋にはライノウイルスが原因で起こるケースが多くなります。ということです。
正直、ウイルス名が色々あってよくわかりませんが、わたしたちが普段ひいてしまう風邪には季節特有のものがあり、多種多様という事です。

現在は喉用の風邪薬、鼻用の風邪薬が市販で別々に売っている時代なので、薬剤師さんに症状を相談して薬を選びましょう。
あと、予防は腸内洗浄ハーブがお薦めです。
ハーブは滋養強壮にも役立つので、便秘予防、美容、そして風邪予防に、ひいてしまった人は早期回復に役立てましょう!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ