土用の丑の日

夏の食のイベントで欠かせないのが土用の丑の日ですよね!
コンビニやスーパーではこの時期になると盛んに鰻の蒲焼が売り出されていますね。
この「土用の丑の日」とはよく聞きますが、いったいどのような日を指しているのだろう?と思っている方も多いのではないでしょうか。

土用とは、暦における雑節(節分、彼岸、八十八夜などがあります)の一つをいいます。
五行思想に基づく季節の分類の一つで、各季節の終わりの約18日のことです。
この土用の間で日の十二支が丑である日を土用の丑の日というのです。
一般的に、土用の丑の日といえば夏を指しますが、土用は春、夏、秋、冬と年に4回あり、そのうち丑の日は年に数回あります。

さて、日本では夏の土用の丑の日に暑い時期を乗り消る栄養をつけるために鰻を食べる習慣があります。
鰻を食べる習慣についての由来は諸説ありますが、一番有名なものが、平賀源内が発案したという説です。
この説は、文政5年(1822年)、当時の話題を集めた『明和誌』に収められています。
それには、夏場の売り上げ不振に悩んだ鰻屋に請われて、平賀源内が「丑の日に『う』のつく食べ物を食べると夏バテしない」という民間伝承からヒントを得て「本日土用丑の日」という広告キャッチコピーを考案した。
すると、物知りとして有名な源内のいうことならということで、その鰻屋は大変繁盛し、他の鰻屋も真似るようになり、この風習が定着した、とあります。

土用の丑の日の鰻の習慣は江戸時代からのものだったのですね!
鰻を食べて夏バテ防止!夏こそ栄養価の高い鰻を食べて精をつけましょう!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ