オリゴ糖の種類

一口にオリゴ糖といってもいろいろな種類が存在しているのをご存知でしょうか?
フラクトオリゴ糖・・・0.3-0.6、砂糖に近い甘味 玉ねぎ、ごぼう
ガラクトオリゴ糖・・・0.3-0.35、さわやかな甘味 母乳に含まれる
キシロオリゴ糖・・・0.4、さわやかな甘味 たけのこ、とうもろこし
ラクトスクロース・・・0.5、砂糖に近い甘味  砂糖を加えたヨーグルトの発酵過程で微量に作られる
(乳果オリゴ糖)
大豆オリゴ糖・・・0.7、さわやかな甘味  大豆
イソマルトオリゴ糖・・・0.4-0.5、「こく」のある甘味 みそ、しょうゆ、清酒、はちみつなどに含まれている
ラフィノース・・・砂糖の1/5さわやかな甘味  ビート糖蜜からオリゴ糖にもさまざまな原料から作られたいろいろなタイプはあるのです。
そして、すべての種類のオリゴ糖に共通するのが、腸内ビフィズス菌増殖促進作用なのです!

他にもラフィノースというオリゴ糖はアトピーの改善に効くといわれていたり、キシロオリゴ糖は便の水分量を理想的な80%にしてくれる効果があるそうです。
是非是非、オリゴ糖を選ぶときの参考にどうぞ!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ