十五夜

こんにちは、今日(旧暦8月15日)は中秋の名月、十五夜ですね。
お月見といえばお団子!!
しかし何故お月様を鑑賞するのにお供え物が必要なのか。

秋は収穫の時期でもあったのでその年の収穫物をお月様にお供えする風習が残ってる為だと思われます。
「芋名月」も呼び名はここからだと考えられています。
お月見団子をお供えするのむ芋を供えた風習の変形だとも考えられています。
しかし十五夜は有名ですが、「十三夜の月」はご存知でしょうか??
一部では「十五夜、十三夜、どちらも月見をしないと片見月と言いよくないこと」と教えられてるところもあるそうです。

また十五夜を「芋名月」というのに対し十三夜は「豆名月」「栗名月」といいます。
これもきっと収穫の時期を指し示しているんでしょうね。
十三夜は今年は10月30日です。
もし十五夜お月見をしたのであれば10月30日もよかったらお月見してくださいね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ