ちょっと脱線して…便秘にまつわるコワいエピソード②

便秘になったと思ったら、実はただの便秘じゃなかった! 腸閉塞だった! という非常に珍しい災難に遭われた方にお会いした私。
貴重な体験談を聞くことができました。

あまり知られていないことだとは思いますけど、外科手術で腹部にメスを入れたことがある方は、その経歴(経歴なんて呼ぶのも変ですけどね…)がいつしか腸閉塞の原因になることもなきにしもあらずなんだそうです。
この方の場合は、虫垂炎の手術が受けたことがあったそうですけど、それは10年以上前のことだったそうで、そんな昔のことが原因となってこんなことになるとは夢にも思わなかったようですね。
※いきなり便秘気味になったからといって、このような大きな病気であることはめったにないですから、急に便秘になったからと言って心配する必要はありません! …早合点しないようにお願いしますね?

急性の便秘ですが、一過性の便秘であることが多いと思います。
字にあるように、一時的な便秘ですから、生活環境の何かが変わったことや、大きなストレスを受けたときに起こるものです。
原因がなくなれば、自然に解消されやすいですから心配をしすぎることはありません。(場合によっては、慢性化することはあるのですが…)。

まあ、お腹にメスを入れたことが人生で1度でもある方は、いきなり便秘になったときはちょっと念入りに調べたほうが無難かもしれない、ということですね。

ちょっと極端な他人のエピソードを2回に分けて披露してしまいましたが、いわば雑学系のお話でした。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ