自己暗示で便秘解消?!

便秘の原因は大腸に問題がある場合と、メンタルなことが影響しているケースがあり、それによっても対処の仕方が大きく変わってきます。

まず大腸に問題がある場合。

特に、明らかに病気がある時は、まずそれを治療するのが先決。

でも、病気が原因で便秘が起こっているケースは、数で言ったらとても少ないようです。

一般的には、腸に問題があるというよりも、腸内環境が排便に適していない場合に便秘になる、ということが大多数。

これは食物繊維の量が足りなかったり、腸内細菌のバランスが悪くて、腸への刺激や動きが不足していることが考えられます。

一方、排便することはメンタル的なことにもとても深く関係しています。

ゆっくりトイレに行く時間がなかったり、トイレにいたくないような気持ちがあっては、でるものも出なくなります。

また「便秘だから、早く出さないと!」といった焦りが、余計に便秘にしてしまうこともあります。

特に、排便に対するプレッシャーは、交感神経を活発にし、排便を起こさないようにする刺激になってしまうので、かえって逆効果とも言えます。

排便したい、という感覚は、リラックスする気持ちとも、とても深く関係しています。

食べ物などで腸に十分刺激を与えていれば、後は気持ちの問題。

実は「自己暗示」というのも、案外便秘の解消に効果があります。

過去に便秘を解消した方法を思い出し、「これを食べたから、もう大丈夫」という

気持ちがあれば、精神的にも落ち着き、脳と腸がうまく作用してくれます。

また、そういったことの繰り返しが、毎日の排便習慣にも繋がっていくのです。

うんち素材画像4私のオススメ便秘解消の最終兵器「ハーブdeスルリ」を無料サンプルから

気軽に試してみてはいかがですか!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ