高齢者の便秘対策あれこれ

便秘は体質によって、しやすい人と、しにくい人がいますが、特にお年寄りや高齢者の方は便秘をしやすいと言われています。
というのも、年を取るにつれて、腸の運動機能がどうしても低下してしまうので、排便の際の「いきむ力」が弱くなってしまうから。
また、腸内環境も加齢とともに変化し、善玉菌が減ってしまうので、便秘になったり、ガスが出やすくなるようです。

しかも、介護中のお年寄りは、便意があってもタイミング良くは言えず、つい我慢してしまうこともしばしば。
寝たきりのご老人は、寝たままの排便が苦痛で、便秘が悪化するケースも少なくありません。

特に寝たきりであったり、運動ができない高齢者に対しては、お通じが良くなるように、普段からお腹をマッサージをしてあげるのも、一つの便秘解消法。
食事の面でも、食物繊維を増やすなど、できるだけ自然なお通じができるように心がけたいものですよね。

ただし、お年寄りの中には、歯がなかったり、噛む力が弱くなっているので、繊維質の強いような食事はうまく摂れないことも。
そういった点では、ヨーグルトやオリゴ糖は比較的食べやすく、調理にも使いやすいので、積極的に取り入れていくのもおすすめです。

また、根菜類はできるだけ小さく切って、時間をかけてよく煮込むことで、ずいぶんと柔らかくなります。
海藻や寒天に含まれる水溶性の食物繊維は、便のカサを増やし、便を軟らかくする作用があるので、高齢者の方は、ぜひ上手に摂ってほしい食品。
なお、飲み込む力が弱く、むせやすい場合は、片栗粉などで、とろみを付けてあげると、誤嚥の防止にもなります。

うんち素材画像4私のオススメ便秘解消の最終兵器「ハーブdeスルリ」を無料サンプルから気軽に試してみてはいかがですか!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ