緑色の便って病気なの?

毎回自分の排便をチェックしていると、たま~に緑色がかった便が出ることはありませんか?

緑色の便が出るのは、赤ちゃんの場合、よく起こることなのですが、病気ではありませんよね。
実は大人でも、緑色の便は、比較的出やすいんですよ。

というのも、便の色は食べ物などのほか、胆汁に含まれる「ビリルビン」の影響もうけるのですが、このビリルビンは酸化すると、便の色が緑色や深緑色になる、という特徴があります。
生まれたばかりの赤ちゃんは、ミルクしか飲まないので、胆汁の影響を受けやすい分、緑色の便が出やすいんですね。
だんだんいろいろな食べ物を食べていくうちに、腸内環境も変わり、便は大体黄色がかった茶褐色になります。

大人でも、小腸や大腸の働きが鈍くなったりして、胆汁が大腸で再吸収されないと、その影響で、便が緑色になることがあります。
これも赤ちゃんと同じ、ビリルビンの影響によるもの。
特に、暴飲暴食をしたり、刺激の強い食べ物の食べ過ぎたりすると、小腸や大腸に炎症が起きやすくなり、緑色の便が出やすい傾向があります。
便が少し緑っぽく見える時には、腸が疲れていることが多いのです。

また、緑黄色野菜を多く摂った時や、葉緑素を摂り過ぎることでも、便が緑色になることがあります。
葉緑素は、クロレラのような、健康食品や、緑色をした胃腸薬に含まれていることも多いので、その影響で緑色になるケースもあります。

このように緑色の便は、特に病気がない人でも、比較的出やすいものなのですが、その中で病気が疑われるのは、黄疸の影響によって便が緑色になる場合。
黄疸は、緑色の便が出るより前に、肌や白目に症状が出るので、それで気づくことが多いのですが、緑の便も黄疸症状の一つなので、ぜひ覚えておいてくださいね。

うんち素材画像4私のオススメ便秘解消の最終兵器「ハーブdeスルリ」を無料サンプルから気軽に試してみてはいかがですか!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ