噂のじゃがいも

今では多くの人が当たり前に食べているじゃがいもですが、実は昔はほとんど食べられていなかったことがわかっています。

当時じゃがいも自体が存在していたにもかかわらず、その利用方法は観賞用であったり、食べるにしても葉や茎だけを食べて私たちがよくしっているじゃがいもの部分は誰も食べずにいました。

ヨーロッパでは食べると病気を引き起こすと言われ、家畜の餌にしかしていなかったそうです。

私見ですが、じゃがいもの芽には毒があるため、それを知らずに食べた人達が腹痛を起こし、その結果病気を引き起こすなどと言われるようになったのではないかと思います。

日本にじゃがいもがやってきたの1600年頃でしたが、その後じゃがいもが食べられるようになるまでにおよそ100年の歳月がかかったと言われています。

なお、余談ですがじゃがいもは大地のりんごとも呼ばれています。
その理由はビタミンにあり、実はじゃがいもに含まれるビタミンCはりんごよりも多いことでそのように呼ばれるようになったとのことです。

うんち素材画像4私のオススメ便秘解消の最終兵器「ハーブdeスルリ」を無料サンプルから気軽に試してみてはいかがですか!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ