ゆっくり食べれば痩せる!? その2

人は食べ物を食べてから、血液中のブドウ糖が増えるまでには、時間差があります。
個人差はややありますが、だいたい20分程度、時間が掛かるのです。
その20分の間に、大量に食べてしまうと、栄養分が有り余ってしまい、中性脂肪となって体内に蓄積されてしまいます。

しかし、逆にゆっくりと食べると、それほどたくさん食べる前に、血液中のブドウ糖の量が、十分な量まで上昇。

血液中のブドウ糖の量を意図的に増やせられれば、少量でもお腹が膨れるのです。
そういうわけで、「ゆっくり食べる」事はダイエットにつながるんですね。

他にも、食べ物の消化を助けたり、口を清潔に保つ洗浄効果まであります!

いいことばかりですね☆

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ