今、最もアツいスポーツについてのウンチクを。

今回は時事ネタを。
WBC、甲子園・・・といえば、そうですね!
今、最も熱いスポーツ、野球ですね!
日本人なら誰もが知っている、男の子なら誰もが一度やっている野球についてのウンチクをお伝えしようと思います。

日本で野球を普及させたといわれるのは誰か知っていますか?
実は、ホトトギスで有名な正岡子規なんですね。
ウィキペディアにはこのようなことが書いてあります。

自身の幼名である「升(のぼる)」にちなんで、「野球(のぼーる)」という雅号を用いたこともある(ただしベースボールを野球(やきゅう)と訳したのはこれより後、中馬庚(ちゅうまん・かなえ)が始めである。野球を参照のこと)。

また「まり投げて見たき広場や春の草 」「九つの人九つの場をしめてベースボールの始まらんとす 」などと野球に関係のある句や歌を詠むなどしており、文学を通じて野球の普及に貢献したといえる。

これらのことが評価され正岡子規は平成14年(2002年)、野球殿堂入りを果たした。
「バッター」「ランナー」「フォアボール」「ストレート」「フライボール」「ショートストップ」などの外来語を「打者」「走者」「四球」「直球」「飛球」「短遮(中馬庚が遊撃手と表現する前の呼び名)」と日本語に訳したのは正岡子規である。

100年以上前からある野球・・・
そのロマンを感じながら、地元の高校、そして侍ジャパンを応援しましょ!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ