フランスのミネラルウォーター事情を調べてみました。

ミネラルウォーターが好きな国の人で考えてみますと、イメージにパッと浮かぶのはフランス人でその次がカナダ人?

便秘解消とミネラルウォーターの関連性って否定はできません。
ただ美味しい水を飲むだけなら、日本の浄水器からの水でも充分だと思いますし、もっと価格が安いナチュラルウォーターでもOKのような気がしますが、フランス人の独特の支出に関する価値観を感じますねぇ。

身体に入れるなら健康を意識してこそ?
そこには、便秘を解消、または防ぐ意識もあり、発砲水なども日本と比べても豊富なようです。
美味しいとは思わないけど、便秘の解消にもいいと言われている、超硬水のコントレックスもスーパーに出回っている。
腸のぜんどう運動を起こしやすくなるらしいのでしつこい便秘を解消するためにはスピーディーで手軽かも。

私は口に合わずに途中で断念いたしましたが・・・。

そんなにたくさんの水は飲めないけど便秘解消をしたいひとはこちらもどうぞ。

日本人だからでしょうか?お茶を淹れておいしい水につい目が行ってしまいます。

Volvicとか、軟水で普通に冷蔵庫に入れても美味しい。
しっかり飲んで、便の水分を増やすし、便秘解消の方法としては日本人向けと言えそう。

ところで、便秘解消のことについて調べているうちに思い出したのですが、確かパリは花の都と呼ばれていますが、トイレが圧倒的に少ないうえに日本のそれと比較すると少しばかり不衛生にも見えるらしい。

トイレに行きたくない→便秘解消できない、にならないようにしたいですね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ