便秘体質は元からたたなきゃダメ

蠕動運動が弱まる原因はいくつかあります。ダイエットしたり食物繊維の少ない消化のよいモノばかり食べていると食べたものの大半が小腸につくまでに、消化吸収し、大腸に届く消化物が減るので大腸が消化物が入ってきたことを感じません。

そして、大腸の感覚が鈍っている時、抗生物質などの薬やストレスの影響で、腸内細菌のバランスが崩れたりします。

便秘薬を常用していたりすると、大腸が鈍感になります。

下腹が張っても便意が無い、便意があっても残便感があるなら、直腸性便秘。

毎朝トイレに行かずに出かける人。
仕事や羞恥心で便意を感じてもトイレに行けないシャイな人に多いです。

最大の原因はトイレを我慢すること。

便意をもよおしても20分もすれば便意は無くなってしまうのだ。

または便秘薬や浣腸の常用も直腸を鈍感にしてしまうことになる。
便意があるのにストレス出でないなら、痙攣性便秘です。

精神的なストレスを抱える人や神経質な人に多いです。
便意があるのになかなか出ない。でても、兎の糞のようなコロコロと硬い便。
ストレスのため自律神経のバランスが崩れ、大腸が緊張してすぼまってしまう状態になってしまうのが主な要因である。

便秘解消には一般に食物繊維をたっぷりとった方が良いというが、痙攣性便秘の場合、食物繊維は症状を悪化させることになるので控えた方が実は良い。

刺激の強い食品、腸内炎症をお越しやすい食品の食べ物も良くない。

あなたの便秘のタイプはどのタイプでしょうか?

自分にあわせた対策をしっかりとっていきましょう!

「うんち」の画像検索結果 私が20年以上悩み苦しんだ便秘から解放してくれたカラダに優しいサプリメントをサンプルから試してみてはいかがですか?

無料サンプルはサイドバーをクリック!もしくは『腸内洗浄ハーブ 無料サンプル』で検索!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ