カフェインは便秘に悪影響!?

以前からブログでも紹介している通り、便秘には水分補給が効果的!なわけですが、カフェインを含む飲み物は便秘にあまり効果的ではありません。
というのは、カフェインには利尿作用があるからです。

せっかく飲んだ水分も尿となって外に出てしまうということなのです。
そのため、コーヒーや紅茶よりもカフェインを含まない水や麦茶などのほうが便秘にはよいのです。

しかし、利尿作用の効果は人によってよい場合もあります。
リンパの流れなどに目を向けると水分というものはどんどん入れてどんどん出すほうがいいですし、高血圧の方が飲む薬は利尿剤です。

また、むくみが激しい人にもよい効果をもたらします。
尿はほとんどが老廃物からなっているので、出して悪いことは全くありません。

ただ、便秘解消という観点からですとお茶などを大量に飲んでも、その分は摂取した水分には含まれないと考えたほうがいいでしょう。

うんち便秘解消の最終兵器「ハーブdeスルリ」を無料サンプルから気軽に試してみてはいかがですか!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ