便秘の種類によって、効くものも効かなくなりますからご注意を

便秘には種類があることは、便秘症の人なら常識ですよね?

便秘にいいテクニックにチャレンジするときは、必ず自分がどんな種類の便秘なのか、

確認してからにするのが順序ってものですけど、、、

前回の記事につけ加えなくてよかったかしら(汗)? ちょっと心配になったんで補足です。

いちおう、「弛緩性便秘」って書いておいたから大丈夫かなとは思うんですけど。。

刺激になりそうなお酢とかスパイスなんかを入れてはいけない便秘もあります。

精神的に参っているとき、ストレスとかプレッシャーなんかが理由で、

体の中まで落ち着きがなくなっている(「神経過敏」て言葉がありますけど、

腸みたいな器官まで過敏になることもあるんです・・)状態で、便秘になった時は、

体内に、みだりに刺激物を入れる必要がないです。それどころか、かえってそういうものは

逆効果につながっちゃうことだってありますから、ご注意くださいね!

腸がむやみに動きすぎたりしたらちょっと困りますから・・。

こういうときは、360度反対の方法をとらないといけません。

刺激物はいっさい控えましょう。消化器に負担がかからないように、

規則正しい食生活をひたすら繰り返すべきです。

暴飲暴食はもってのほか。

くれぐれも、便秘の原因を把握してから最適な判断をくだしましょうね!

うんち素材画像4私のオススメ便秘解消の最終兵器「ハーブdeスルリ」を無料サンプルから

気軽に試してみてはいかがですか!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ