便秘で病院に行ったら酸化マグネシウムを渡されたけど、酸化マグネシウムってなに?

便秘がつらくて病院に行ったら酸化マグネシウムを処方された・・・
そんな経験はありますでしょうか?

酸化マグネシウムは、便秘薬として古くからから広く処方されています。

腸の中で水分を保ってくれる作用がありますので、便が硬くなるのを防いでくれるのです。

そして、その刺激で腸の運動も活発になり、排便を促します。

習慣性が少なく、飲み続けても効果が落ちることがありませんので、
便秘の症状で医者にかかると、大抵はこの薬が処方されます。

また、他の便秘薬のように腸を刺激することで排便を促すのではなく、
便の水分を増大し軟化させることで排便を促しますので、
妊婦が服用することでの悪影響も少ないとされています。

ただ、効果があるのは腸の中にある便に対してですから、
薬を飲んだ時に食べた食べ物が便になるまでは効果はあまりありません。

人が食べ物を食べてから便ができるまでの時間は、一般的には24~48時間ほどかかります。
ですから、効果は服用後1~3日ほど掛かるということになります。

便秘の人はそれ以上に時間が掛かる場合もあります。

「うんち」の画像検索結果 私が20年以上悩み苦しんだ便秘から解放してくれたカラダに優しいサプリメントをサンプルから試してみてはいかがですか?

無料サンプルはサイドバーをクリック!もしくは『腸内洗浄ハーブ 無料サンプル』で検索!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ