酸化マグネシウムを飲む際の注意点

前回の日記で酸化マグネシウムの話を書きましたが、注意点が有ります。

酸化マグネシウムを飲む前に出来てしまっている便に対しては効果はありません。

長い間便秘状態が続いている人など、固い便が栓をしたように肛門をふさいでいるような場合は、
浣腸などの肛門側からの薬が投与されるはずです。

酸化マグネシムを服用していた高齢者が副作用で死亡するという事故が起こりました。

便秘が長期間続き過ぎて腸閉塞でお亡くなりになってしまった方のニュースもありました。

薬を服用する場合はもちろんですが、病院に通院すうる場合も、
現在服用中の薬や、過去に病院に通った経験が有ればそれを
漏れなく伝えて下さい。。

願わくば、病院に行くほどの状況になってしまう前に、
運動や食事、サプリメントで改善される事をオススメ致します。

人間は体が資本、自分の体をいたわってあげて下さいね!

「うんち」の画像検索結果 私が20年以上悩み苦しんだ便秘から解放してくれたカラダに優しいサプリメントをサンプルから試してみてはいかがですか?

無料サンプルはサイドバーをクリック!もしくは『腸内洗浄ハーブ 無料サンプル』で検索!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ