生理前の便秘

生理前の便秘も辛いですよね。

便秘は日常生活に支障が出るほど非常に深刻な症状ですが、

便秘を引き起こしてしまう原因はその時の体調で決まることがあります。

その中の一つに生理前に便秘になってしまうという症状があります。

ただでさえ、生理でおなかが痛くなったり、おなかが張ったり、

カラダが重かったりするのに、さらに苦痛となってしまいますよね。

どうして生理前や、生理中に便秘になるのでしょうか。

生理中の便秘の原因としては、女性ホルモンの一つプロゲステロンの影響が大きいそうです。

生理前から生理中にかけて、プロゲステロンというホルモンの分泌が盛んになります。

プロゲステロンは、排卵に備えて、水分を腸管内から体内に溜め込む作用があります。

そのために便がいつもよりも硬くなってしまうんです。

またプロゲステロンは、子宮などを緊張させて腸の動きも鈍くしてしまいます。

それが、生理前から生理中にかけて、便秘を引き起こす原因の一つなんですね。

プロゲステロンが多く分泌される生理前の2週間から、生理中にかけては、水分補給対策も有効です。

水分を多めに補ってみてくださいね。

少し過剰と思えるくらいの水分量を摂取していれば生理になっても十分な水分がありますので、

水分を持っていかれなくて済むのです。

やはり、水分を摂取することは、便秘にはとても良いとよく耳にしますね。

まずは水分をたくさん摂取するようにしましょう。

生理前でなくても、効果がありそうです。

うんち素材画像4私のオススメ便秘解消の最終兵器「ハーブdeスルリ」を無料サンプルから

気軽に試してみてはいかがですか!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ