便秘についてちょっとややこしいお話

今回は少し難しいお話になってしまいますが、知っておくと便利だと思います。

便秘と簡単に言いますが、便秘には種類があり、便秘は大きく分けると急性と慢性の2つのタイプがあり、

さらに原因から考えて器質性と機能性に分類することができます。

機能性便秘はさらに細かく、

一過性(単純性)便秘、習慣性便秘、弛緩性便秘、けいれん性便秘などに分けることが可能です。

器質性便秘は症候性便秘とも呼ばれ、何らかの体のトラブルを伴うことが特徴です。

腸管異常、腸の近くにある腹腔内臓器の炎症や腫瘍といったことで、

腸の中を排泄物が通過できなくなったことから起こります。

また、神経疾患、内分泌疾患、薬物中毒、

糖尿病による腸管運動の麻痺によっても起こることがあります。

一過性単純性便秘は、排便を我慢したことや旅行など環境の変化、

過度の少食、ストレスなどによって起こる一時的な便秘です。

直腸性(習慣性)便秘は、日常的に便意を我慢したり下剤や浣腸を常用したりすることで便意が起こりにくくなり、

硬い便が途切れがちになります。

弛緩性便秘は大腸作用ダウンにより腸の中の排泄物が通過しにくくなり、

水分が吸収されていくうちに便が硬くなってしまうことで起こります。

けいれん性便秘は過敏性腸症候群と判断されることも多く、

ストレスや自律神経失調症など自律神経の乱れから起こります。

自分の便秘の種類を知ることで、予防や対策がしやすくなるので、

チェックしてみては、いかがでしょうか。

うんち素材画像4私のオススメ便秘解消の最終兵器「ハーブdeスルリ」を無料サンプルから

気軽に試してみてはいかがですか!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ