便秘が引き起こす弊害

便秘は、さまざまな不快症状を伴います。
●おなかの張り・痛み・ガスがたまる
便秘の悩みとして、「ガスがたまる」ということを多くの人があげています。
便秘をしていると、腸内で悪玉菌が繁殖して腐敗発酵を起こし、ガスが発生しやすくなります。
また、便秘によって出口がふさがれているため、出られないガスが腸内にたまってしまい、おなかの張りや痛みが起こります。
●肌のトラブル便秘ですと、有害物質などが体内に残ってしまって、体の外へ排出されない状態になってしまうので、
お肌などにもトラブルが出てきてしまいます。
●イライラ・不眠
●食欲不振・口臭・舌苔(ぜったい)
●頭痛・肩こり、吐き気
便秘との直接の因果関係は医学的には証明されていませんが、
これらの症状が起こることが多いようです。自律神経が失調し、
血行が悪くなって症状があらわれたり、栄養の吸収に障害が生じるために起こるのではないかと考えられています。
●出血・痔
便秘特有の固い便を出すときには、強くいきみがちです。
そのため、肛門周辺はいつも鬱血した状態になっています。硬い便によって肛門の皮膚が切れて、切れ痔になってしまうこともあります。
便秘を繰り返していると、
大腸ガン、大腸ポリープ、大腸憩室(腸壁に袋状の窪みができる病気)、
高血圧、アレルギー性疾患などの重大な病気を引き起こしてしまうこともあります。
これらの病気の予防のためにも、便秘を治して正しい排便習慣を身につけましょう。

「うんち」の画像検索結果 私が20年以上悩み苦しんだ便秘から解放してくれたカラダに優しいサプリメントをサンプルから試してみてはいかがですか?

無料サンプルはサイドバーをクリック!もしくは『腸内洗浄ハーブ 無料サンプル』で検索!

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ