植物繊維の基礎知識 バランスのよい植物繊維比率とは?

便秘改善に欠かせないのが植物繊維ですね。

ここでちょっと植物繊維の基礎知識をもう一度学んでおきましょう。

なんで植物繊維が便秘改善にも役立つかといえば、それは植物繊維が便の量を増やしてくれるため、

腸内が活性化されるからだといわれていますね。

さて、そんな便秘の味方である植物繊維には、「不溶性食物繊維」と「水溶性食物繊維」があります。

ここがとても重要なポイントなのです。なぜなら、これらをバランスよく摂らないと、

便が固すぎてしまうといった便秘を悪化させることにもなりかねないからです。

では、まずは以下に、「不溶性」「水溶性」のそれぞれを多く含む食品をリストアップしておきましょう。

<「水溶性食物繊維」の豊富な食材>
【果物】バナナ・りんご・いちご・キウイ・かんきつ類
【海藻】寒天・昆布・わかめ・もずくなど
【きのこ類】しいたけ・まつたけなど
【野菜】白菜・もやしなど
<「不溶性食物繊維」の豊富な食材>
【豆類】インゲン豆・えんどう豆・大豆など
【穀類】玄米・ライ麦・小麦・アマランサスなど
【イモ類】さつまいも・さといもなど
【野菜】ごぼう・かぼちゃ・ブロッコリーなど

さて、「不溶性食物繊維」とはセルロースなどの水に溶けない食物繊維です。

レタス・キャベツ・ごぼうなどに多く含まれています。

一方で、「水溶性食物繊維」とは、水に溶ける低分子アルギン酸ナトリウムやペクチンなどの食物繊維です。

昆布やわかめなどの海藻類やリンゴ やバナナなどに多く含まれています。

この「水溶性食物繊維」は水分を吸収し便をゲル状にやわらかくし、量を増やしてくれる効果があります。

重要なのは「この二つの食物繊維をバランスよく摂取すること」です。

「不溶性食物繊維」ばかりを食べて水分量が少ないと便が硬くなってしまいますので気をつけましょう。

玄米などは、この「不溶性食物繊維」が多いので、多めの水分補給を心がけてくださいね。ることが大事です。

ちなみに専門家によりますと、「不溶性食物繊維」と「水溶性食物繊維」の割合は、

「不溶性2に対して水溶性1」の割合がベストとのことです。植物繊維といえば、ハーブも忘れずに!

※便秘にオススメ「ハーブdeスルリ

うんち素材画像4私のオススメ便秘解消の最終兵器「ハーブdeスルリ」を無料サンプルから

気軽に試してみてはいかがですか!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ