友人からの素朴な疑問 「そもそも便秘って?」

先日友人と話をしていた時のこと。

私が便秘ブログを書いていると話すと、友人にこう聞かれました。

「そもそも便秘って、回数の問題なの?」と。

このブログを読んでくださる読者の方々も過去記事をすべて読んでいるわけではないでしょうから、改めて書いておきますね。

お医者さんたちの指摘によれば「便秘というのは回数の問題ではなく、不快感の問題」とのことです。

この不快感とは「便が出ずにお腹が張っている、便が堅い、便が残った感じがする、便の量が少ない」などなどです。

例えば仮に、3日に1回の排便でも、その本人にとって不快感がない場合や、

3 日毎にちゃんと規則正しい排便があれば、便秘ではない、ということなのです。

ちなみに「便秘の症状」をおさらいしておくと、

お腹が張る、お腹が痛い、食欲がない、吐き気、肌の状態が悪い、肛門の傷み、などがあります。

「便秘の原因」は、食物繊維の摂取不足、体内の水分 不足による便水分の低下、

環境などの変化によるストレス、腹筋低下によるいきむ力の低下、などが主なものです。

さらに「便秘の悪循環」とは、便秘によって極端に食欲が落ちてしまい、

食事の摂取量が不足した結果、便量が少なくなり、さらに便が出にくくなるというものです。

これらが便秘なのですが、万が一、排便異常などにともない、

ひどい腹痛や吐き気、出血などがある場合は腸の病気なども考えられます。

この場合はすぐに専門医へ行く必要がありますので気をつけてくださいね。

うんち素材画像4私のオススメ便秘解消の最終兵器「ハーブdeスルリ」を無料サンプルから

気軽に試してみてはいかがですか!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ