小麦粉ベースの食材にはキャベツを一緒に食べよう

私は讃岐うどんが大好きです。

なのでよく食べに行くのですが、最近、こんな話を聞きました。

讃岐うどんの食べ歩きをしている人は、「太った」「便秘した」とよく口にしているそうだとか……。

じつはこれ、原材料である小麦粉が原因のようですね。

小麦粉というのは、日本人の腸にとって、少々消化しづらいのだとか。

小麦粉製品の代表格といえば、パン、パスタ、そしてうどんです。

どれもこれも私の好きなものばかり。


特にうどんやパスタって、食べる際にあまり細かく噛み砕かずに、ツルっと飲み込んでしまいますよね。

これも「便秘になる一因」と指摘している人もいます。

今度から、讃岐うどんを食べる時は「よく噛んで食べようかな・・・」などと思案している私ですが、もっといい対策があるそうです。

では、どうすればいいかというと「キャベツ」をあわせて食べるという方法があるそうです。

よく豚肉料理などには虫下しとしてキャベツがセットになっていますが、キャベツは胃腸を整える働きがあるそうです。

つまり、パン、パスタ、うどんを食べたら、キャベツのサラダなども食べるという風にすれば、

腸での小麦の消化を助けてくれるそうです。

讃岐うどんのお店にはサラダはないかもしれませんが、パスタのお店には必ずサラダがあります。

ですので、パスタを食べる時はサラダもオーダーしようかな、と改めて思いました。

またキャベツは、油っぽい食事をした際にも一緒に食べると胃腸がすっきりするそうです。

他にも、パスタには「コショウ」を少し振るというのも、便秘予防に効果的だそうです。

うんち素材画像4私のオススメ便秘解消の最終兵器「ハーブdeスルリ」を無料サンプルから

気軽に試してみてはいかがですか!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ