便秘のおならがくさいわけ

便秘をしている人はおならがくさい、とよく聞きますよね。

これは腸内に老廃物がたまり、それが悪玉菌をどんどん増やしていくので、強いにおいを出すようになるからです。

また、この悪玉菌はおならの数も増やす、かなり厄介なもの。

大腸菌のような悪玉菌はいわば雑菌のような存在ですが、病原菌でもあるので、かなり怖い一面も持っています。

しかも悪玉菌はほおっておくと腸内でどんどん増え、発酵する時にガスを出すので、

おなかが張り、しかもにおいの強いおならが出るのです。

また、おならのにおいの原因にアリシンも考えられます。

アリシンとは、にんにくのにおいの成分のようなもので、悪玉菌と戦う、腸にはいい成分と言われています。

ただし、おならに混じると肉と玉ねぎとにんにくを混ぜたようなにおいがするので、それがおならのにおいの原因と言う場合も。

実際アリシンを多く含む食べ物をとると、一時的にくさいおならが出やすくなるので、

餃子、焼き肉、ハンバーグなんかを食べた後のおならは、ちょっとくさいかもしれませんね。

ただしおならのにおいというのは、腸内環境の影響をかなり受けるので、

常に腸内に乳酸菌のような善玉菌が多い人の場合、出るおならは基本的にほとんどにおいません。

(たとえ少しにおっても、すぐに消えていきます。)

逆に便秘をしていなくても、おなかを壊していると、出るおならはくさくなるもの。

おならのにおいは腸内環境の状態を表すバロメーターなのです。

「うんち」の画像検索結果 私が20年以上悩み苦しんだ便秘から解放してくれたカラダに優しいサプリメントをサンプルから試してみてはいかがですか?

無料サンプルはサイドバーをクリック!もしくは『腸内洗浄ハーブ 無料サンプル』で検索!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ