食物繊維を摂っているのに便秘が解消しない人②

便秘は食事から摂る食物繊維が不足して、腸内の刺激が足りずに起こすケースがよくあります。

そういった場合、少しずつたまる古い便がどんどん硬くなり、余計に出しにくくなる、といった悪循環に陥ることも多く、

できるだけ、日頃から便のカサを増やすことが便秘の解消にもつながっていきます。

でも、中には「毎日食物繊維もしっかり摂っているのに、便秘がなかなか解消しない」という人もいますよね。

そういう人の場合、腸が痙攣をおこし、排便が困難になっていることもよくあります。(これが痙攣性便秘。)

原因はストレスや睡眠不足など、実は精神的なことも大きく関わっていますが、

腸が痙攣を起こしている場合は、排便したい気持ちはあるのに、少ししか出ない。

細い便や、小さなコロコロした便しか出ない、などすっきりした排便ができない症状が多いようです。

また浣腸や便秘薬に慣れてしまうと、腸がその刺激に依存してしまい、

本来の自然な排便という運動機能が低下してしまいます。

この場合も、いくら食物繊維をとっても便秘が改善しないことがあります。

「うんち」の画像検索結果 私が20年以上悩み苦しんだ便秘から解放してくれたカラダに優しいサプリメントをサンプルから試してみてはいかがですか?

無料サンプルはサイドバーをクリック!もしくは『腸内洗浄ハーブ 無料サンプル』で検索!

食物繊維をたくさん摂っているのに便秘がちな人は、まずリラックスを心がけることが大切。

人によっては便秘自体がストレスになってることもあるので、

まずはゆったりした気分で、時間を気にせずトイレに入ることが便秘解消の第一歩になります。

また、痙攣性の便秘には、逆に食物繊維は少ないほうがよく、

消化のよいものを摂ったほうが、腸の状態も戻しやすくなります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ