排便したときの出血と気になる病気~大腸がん編~

もし排便した時に出血していたら、とてもびっくりしますよね。

でもその色が、鮮やかな赤い血であれば、肛門か、かなり肛門に近い直腸からによるもの。

痔によるものがほとんどです。

というのも、実は、日本人の1/3が「痔主」である、と言われているほど、痔の患者さんは多く、実際、痔からの出血はさほど珍しくはないのです。

一方、普段特に排便には問題ない、と思っていた人でも検便で「血便」が指摘されることがあります。

この場合、目に見えて出血しているというよりは、便に血液が混ざっている状態が多いとか。

やはり痔が原因で、便に血が付着してしまうケースもよくあります。

でもここで気にしてほしいのが、大腸がんの確率。

一般的に検便で「便血潜陽性」を指摘された場合、その30%程度が大腸のポリープから出血したもの、と言われています。

そこで更にくわしく検査して、3%程度に大腸がんが発見される、というデータもあります。

大腸がんからの出血は、ポリープが大きくなってがん化し、そこから起こることが多く、検診で見つかったほうが、より早期のうちに治療ができます。

特にもともと痔を患っている人は、排便時に出血しても「痔からだろう」と思いこみ、かえって発見が遅れるケースも。

何も自覚症状がないまま、検診で見つかった大腸がんと、自覚症状が起こり、初めて受診した大腸がんでは、その進行度に大きな開きがあるのも事実です。

ちなみに大腸がんは、65歳をすぎると増えやすい傾向があります。

また、普段から便秘をしている人も、そうではない人に比べると大腸がんにかかるリスクが高いので、積極的に解消しましょう。

「うんち」の画像検索結果 私が20年以上悩み苦しんだ便秘から解放してくれたカラダに優しいサプリメントをサンプルから試してみてはいかがですか?

無料サンプルはサイドバーをクリック!もしくは『腸内洗浄ハーブ 無料サンプル』で検索!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ