便秘に効くフルーツをどんどん食べよう!

便秘解消の最終目標は、あくまでも自然なお通じが定期的にあること。

乳酸菌で腸内環境を整えたり、食物繊維をたくさん摂って、便通がスムーズになるように、

食事の面からアプローチしてあげると、次第に便秘薬がなくても排便ができるようになります。

特に便秘がちな人におすすめな食べ物として、よく挙げられるのがフルーツの数々。

果物は野菜と同様、食物繊維が豊富で便のカサを増やすので、便秘の予防にも最適です。

また、果物の甘さの成分である「果糖」は排便をスムーズに促す作用があります。

フルーツは手軽で、比較的簡単に摂りやすい食品なので、普段から意識して、積極的に食べたいものですよね。

でも便秘の時には、どんな果物を摂ったらいいのでしょうか?
例えば、バナナは食物繊維が豊富なので、便秘の解消にも大いに利用できる果物として、

すでに知名度は抜群ですが、食物繊維の量でいったら、実はキウイの方が多いのだとか。

また、古くから、便秘の時には、みかんやグレープフルーツなど、柑橘系の果物を。

逆に下痢の時にはリンゴを摂ると、腸の調子がよくなる、とも言われています。

なお、フルーツはジュースではなく、できるだけそのままの状態で食べたほうが、食物繊維もたくさんとれます。

ただし、赤ちゃんの場合は果汁でも十分に効果がありますし、乳幼児期であればヨーグルトと

混ぜたりして、離乳食にも積極的に利用するといいでしょう。

それでも、頑固な便秘で、なかなか解消できないようであれば、天然ハーブを利用するのも一つの手。

ハーブは食品なので、副作用はありませんし、その効果は安全の面からみても、とてもおすすめですよ。

うんち素材画像4私のオススメ便秘解消の最終兵器「ハーブdeスルリ」を無料サンプルから

気軽に試してみてはいかがですか!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ