朝食を摂らない人は便秘になりやすい

便秘をする人は、実は朝食を摂っていないケースもよくあります。

朝は胃が空っぽで腸に刺激を送りやすいので、実は一番排便が起こりやすいタイミング。

朝食を抜くことは、貴重な排便のチャンスを逃してしまうことにもつながります。

なので、便秘を解消するには朝ごはんを食べる!というのが絶対条件。

でも朝は食欲がなく、食べられない・・・と言う人も少なくありませんよね。

そんな人は、まず、コップ1杯のお水から。

とにかく腸に刺激を与えることが大切なので、食べられるものはできるだけ口にするように努力しましょう。

便秘を根本的に解消するためには、朝の排便が基本。

これを生活のリズムとして、習慣づけなくてはなりません。

朝は朝食を摂る時間と、排便する時間を確保するのが便秘解消の第一歩。

夜型の生活は、朝の目覚めを悪くし、結局「朝食が摂れない」「排便する時間がない」という悪循環を起こしてしまいます。

一般的に朝食を摂り、排便するクセさえつけば、起きてから1時間もあれば排便を済ませて、出かけることができます。

それまではできるだけ早起きし、朝食を摂る時間、排便ができる時間をしっかりと確保することが先決です。

朝食はしっかり摂ったほうが、排便のおきやすいのですが、どうしても食べられない人は、ヨーグルトにバナナとオリゴ糖を混ぜて、朝ごはんにしてください。

最近は食物繊維の豊富なシリアルもあるので、そういったもので、朝ごはんを摂っても便秘の解消に効果がありますよ。

うんち素材画像4私のオススメ便秘解消の最終兵器「ハーブdeスルリ」を無料サンプルから

気軽に試してみてはいかがですか!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ