便秘じゃないのにお腹が張って苦しい理由

便秘をすると、どうしてもお腹が張って、苦しくなってきますよね。

また、大して便秘をしていなくても、なんとなくおなかが張ったり、ガスが出やすい時もあります。

おならをするのは、ちょっと恥ずかしい場面もありますが、決して我慢をしてはいけません。

もしお腹が張りやすかったり、ガスがたまりやすい場合には、食事を少し見直すと、おならの数が減ることもあります。

通常、野菜や穀物を食べると、そこに含まれる食物繊維などは、小腸では消化吸収されず、大腸で分解されます。

その時にできるのが「腸内ガス」。

いわゆる「おならのもと」です。

なので、便秘の予防に、食物繊維を多く含む食品を摂るほど、ガスは出やすくなります。

またダイエット食品によく使われる、人工甘味料の中には、小腸で吸収されない成分を多く含むものもよくあり、その影響でガスが多くなるケースもあります。

他にも、もともと体質的に牛乳不耐症の人は、ミルク成分が原因で、お腹が張ることも。

これは、牛乳に含まれる乳糖が、小腸で吸収されない人に起こりやすく、大腸にいる腸内細菌の影響でガスが発生します。

更には、よくかまないで食事をしたり、早食いで食事と一緒に空気を飲み込んでいるために、おならが多くなっていることも。

意外なところでは、お酒を飲んだり、下剤の常用していても、腸内のガス量が増え、おならが出やすくなるそうですよ。

基本的におならは、ひどい便秘をしていたり、お腹が痛くなければ、あまり気にしなくていいものです。

ただし便秘が続くと、おならも臭くなるので、そこはエチケットとしても、少し気をつけたいものですね。

うんち素材画像4私のオススメ便秘解消の最終兵器「ハーブdeスルリ」を無料サンプルから

気軽に試してみてはいかがですか!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ