便秘と腸内細菌のバランス

便秘と腸内環境は深く関わっていて、便秘の原因は腸内環境を整えてあげることで解消することもよくあります。

中でも特に大切なことは、腸内にいる細菌のバランス。

人間の大腸の中には、およそ500~1000種類ものさまざまな腸内菌が存在していると言われており、そのバランスは人それぞれです。

腸内細菌は大きく分けると乳酸菌に代表されるような善玉菌と、体にとってはよくない存在の悪玉菌、あとは日和見菌の3種類に分類され、そのバランスは食生活やストレスなどによっても日々変化します。

腸内細菌のバランスが崩れると、便秘をしたり、下痢をしたり。

また、便秘をすることで腸内の悪玉菌が増えるので、どんどん腸内バランスが悪くなります。

一般的な腸内細菌の割合は、善玉菌が10~20%。

悪玉菌が20%前後。

残りは日和見菌になっています。

また、常に肉を多く食べるような食事を摂っていると、腸内の悪玉菌は増えるので、そういう時には積極的に乳酸菌を摂ることも大切。

そういう点では、肉をたくさん食べる欧米人が、朝にヨーグルトをよく食べることも、とても理にかなった食生活と言えます。

なお日和見菌とは、普段これといった悪さはしない菌なのですが、悪玉菌が増えることによって、悪さをし始める菌。

悪玉菌は腸内を腐敗させ、においも起こすので、便秘でおならが臭い場合には、それだけ悪玉菌が増えている証拠でもありますね。

また、大腸菌は悪玉菌のイメージがありますが、タイプとしては日和見菌。

腸内では更に悪い菌と戦ってくれる菌でもあります。

「うんち」の画像検索結果 私が20年以上悩み苦しんだ便秘から解放してくれたカラダに優しいサプリメントをサンプルから試してみてはいかがですか?

無料サンプルはサイドバーをクリック!もしくは『腸内洗浄ハーブ 無料サンプル』で検索!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ