どうして女性は便秘になりやすいのか?

便秘や下痢はどの世代でもおこりうる症状。

下痢の多くは、食べ過ぎた時や、悪いものを食べた時など、起こっても一過性のことが多いのですが、便秘は慢性的な場合も少なくありません。

特に慢性的な便秘は、女性とお年寄りに多い、といった特徴もあります。

女性の場合、体の仕組みやホルモンの影響で、どうしても便秘になりやすい、というのもその理由の一つ。

女性ホルモンの一つである「黄体ホルモン」は、腸が便を動かしていく蠕動運動を抑制してしまう作用があります。

なので、このホルモンが多く分泌される、排卵日から生理の間はどうしても便秘がちになります。

また、女性は男の人より、腹筋が弱く、その分全体に内臓は下にさがっています。

食べる量も男性より少ない分だけ、食物繊維の摂取が少なく、全体的に小食であったり、時には

ダイエットを行ったり・・・とその分便秘になりやすい、といえます。

更に忘れてはいけないのが、「排便に対する羞恥心」という点。

女性は男性よりも、排便することが恥ずかしいという気持ちが強いので、どうしてもおならや排便を我慢しがち。

せっかくの排便チャンスを、みすみす逃しているケースも多々あり、これは便秘の大きな原因になっています。

なお、女性の下腹部には子宮があるので、子宮筋腫などで腸が圧迫されている場合や、妊娠中は特に便秘になりやすいもの。

もともと男性よりも便秘になりやすい条件が整っている分、普段からできるだけスムーズに

排便ができるよう、いろいろな解消法を知っておくことも大切です。

うんち素材画像4私のオススメ便秘解消の最終兵器「ハーブdeスルリ」を無料サンプルから

気軽に試してみてはいかがですか!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ