ストレスが引き起こす腸の病気「過敏性腸症候群」

便秘の原因は、本当にいろいろあるのですが、中でも最近注目されているのは、便秘とストレスとの関係。
世の中には、さまざまなプレッシャーやストレスを感じて生活している人も多く、そういった気持ちが腸にも敏感に伝わっているのです。

ストレスが原因で、一過性の便秘や下痢を起こすは、誰でも一度くらいは経験がありそうですが、

そういった症状があまりに頻繁に起こった場合、それは「過敏性腸症候群」かもしれません。

特に、急に下痢や腹痛などが起こりやすく、常に排便が気になって、外出がしにくくなったり、

便秘や下痢が繰り返して起こるようであれば、もはや腸は悲鳴を上げている状態。

まずは、最寄りの病院で腸になにか病気がないのか検査してもらいましょう。

もしこれといった病気がないようであれば、まさにストレスといった、精神的なものが原因の「過敏性腸症候群」になります。

過敏性腸症候群の場合、まずは気持ちをリラックスさせることが何よりもの薬。

この病気は生真面目で、何事にも真剣に取り組むガンバリ屋さんがかかりやすいのですが、

まずは自分一人で何でも抱え込まず、心の負担を軽くすることから始めてみましょう。

なお、過敏性腸症候群は、「便秘と下痢を繰り返す人」と思い込んでいる人もいますが、

ストレスからくる過度の便秘や、下痢だけの症状でも、過敏性腸症候群と診断される場合もあります。

常に腸からの悲鳴をしっかりと受け止めてあげて、まずはゆっくり気持ちを安めることも重要な治療法なのです。

うんち素材画像4私のオススメ便秘解消の最終兵器「ハーブdeスルリ」を無料サンプルから

気軽に試してみてはいかがですか!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ