これって血便?

排便をした時に、便器になにやら赤い色を見つけると「血便!?」と思ってびっくりしますよね。
血便とは胃や腸などから出血があり、その血液が便に混ざって出てくる状態。
主に消化器系の病気を疑う必要があります。

血便が出ると、大腸がんを疑いますが、でもその前に、まずは便に混ざった赤い物をよく確認してください。
というのも、便に混ざって、赤い物が見えた時、それが食べ物のカスということも大いにあり得ます。
例えばトマトの皮や、スイカ、ニンジンなども比較的消化されずに、そのまま便に混ざって出てきやすいもの。
固形であれば、ほとんどが食品による赤です。

次に血液として出てきやすいのが「痔」による出血。
特に出血したばかりのような真っ赤な血の色場合、痔の可能性が高いと言われています。
また、便秘をしたときのように硬い便した後、トイレットペーパーに血が付くような場合も、切れ痔のことが多いようです。

ただし、真っ赤な血のすべてが痔というわけではなく、中には肛門に近い直腸からの出血の場合もあるので注意が必要。
直腸がんの場合は、便の一部についていた血液が、進行するにつれて増えてくるので、常に排便のたびに出血するようになります。
特に、痔を長く患っている人が、癌になった場合、血が出ても痔からだと思い、発見が遅れることがあるので、出血を繰り返すようであれば、ぜひ一度病院へ行って検査したほうがいいでしょう。

なお、直腸からの出血では真っ赤な色ですが、大腸の右側などからでは、茶色みがかった赤褐色になります。
胃や小腸などで出血がある場合は、胃液によってコールタールのような黒く粘った便になります。

「うんち」の画像検索結果 私が20年以上悩み苦しんだ便秘から解放してくれたカラダに優しいサプリメントをサンプルから試してみてはいかがですか?

無料サンプルはサイドバーをクリック!もしくは『腸内洗浄ハーブ 無料サンプル』で検索!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ