腸内洗浄の危険性

便秘の解消方法の一つとして、「腸内洗浄」という方法があります。
最近は家庭でできる腸内洗浄キットなども販売されているようですが、実は素人が行う腸内洗浄はとても危険な場合も。

そんなわけで、今日は腸内洗浄の危険性についてお話しします。

まず、腸内洗浄とは、チューブのような専用器具を肛門から入れ、お湯やコーヒー、場合によっては、乳酸菌などを腸に注入するというものです。
ただし、この腸内洗浄は、本来便秘の患者さんや自力では排泄できない人に対して医師が行う医療行為の一つ。
ところが、最近「宿便」という古い便が、健康を害したり、美容にもよくない、という宣伝が広まり、腸内洗浄によってこの宿便を取ることがちょっとした話題にもなりました。

確かに腸内洗浄は、便秘などで溜まっている便を排出する効果はあります。
また、海外では、腸内洗浄をして、体の内側からきれいになる、といったことも一部では実際、行われているようです。

ただし、定期的に腸内洗浄を行うことで、腸の働きと自力で排泄する力が弱まるケースも報告されており、長い目で見たら、便秘の解消にはかえって逆効果という意見も。
特に個人で腸内洗浄を行う場合は、腸内の圧力が急激に高まって、腸壁に傷を付ける危険があるので、特に注意が必要です。

本来、便秘の解消は、食事や運動といった面から働きかけて、正しい排便を身につけることが基本。
特に繰り返し行う腸内洗浄には、さまざまなリスクを伴う、ということもぜひ念頭に置いて、

もし腸内洗浄をする場合には、できるだけ専門的なところで常に安全に行うようにしたいものですね。

うんち素材画像4私のオススメ便秘解消の最終兵器「ハーブdeスルリ」を無料サンプルから

気軽に試してみてはいかがですか!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ