焼き肉を食べると便秘になる人、下痢になる人

腸内環境は人それぞれ。
また、食べ物の中には、その成分の影響で、人によっては便秘になりやすいものだったり、逆に下痢をしやすい食品もあります。

例えば牛乳はそのいい例。

日本人の中には、牛乳に含まれる乳糖を分解する酵素が弱い人がいるので、
牛乳を飲むと下痢をする人も大勢いますし、逆にお腹が張って、便秘気味になる人もいます。

同じように焼き肉も、食べると便秘になる人もいれば、決まって下痢気味になる人も。

まず、焼き肉を食べると下痢をしやすい人の場合、焼き肉に含まれる脂肪分が多すぎて、消化不良を起こすケースがよく見られます。

これはカルビのような霜降り肉を大量に食べて、脂肪過多となり、お腹がゆるくなるパターン。

もともと脂肪分には、腸を刺激する作用もあるので、そういったことも原因に一つに挙げられます。

また焼肉と一緒によく食べるキムチの刺激が強すぎて、下痢をすることもあります。

一方で、焼き肉を食べ過ぎて、便秘になるのは、肉類ばかり食べて、食物繊維が足りずに、便秘となるパターン。

肉類は食物繊維が少ない割には消化に時間が掛かり、腸内にとどまる時間が長くなりがちです。

更に肉類は、腸内環境を悪くする要素が多いので、便秘を誘発しやすいのです。

ちなみに焼き肉をした後の便は、においも強いのですが、これは焼き肉の付けだれになんかに含まれるにんにくや玉ねぎの影響。

また、肉類は体内にとどまる時間が長いほど、便のにおいが強くなるので、
できるだけ早めに出したいところです。

うんち素材画像4私のオススメ便秘解消の最終兵器「ハーブdeスルリ」を無料サンプルから

気軽に試してみてはいかがですか!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ