夏に起こりやすい便秘の原因

便秘になりやすい季節は、「冬」とよく言われていますが、実は夏にも、起こりやすい特有の便秘があります。

例えば、冬に起こる便秘の原因の一つに、水分不足が挙げられますが、これは夏の便秘にも共通する原因。
冬の場合、新陳代謝が下がり、寒くて汗もかかないので、なんとなく水分の摂取量が減り、結果的に便秘になる・・・

というパターンが多いのですが、夏の場合、今度は汗をかきすぎて、水分不足になります。

暑い季節、こまめに、しかもしっかりと水分を補給することは、熱中症対策だけではなく、便秘の対策にもつながっているんですよ。

また、暑さで食欲が落ちることもよくありますが、それも夏に起こる便秘の原因の一つ。
暑いからと言って、そうめんやアイスクリームばかり食べていては、食物繊維が不足してしまいますよね。

汗をかく分、飲み物は十分に摂っていても、肝心の繊維質がないことには、便のカサが少なくなってしまいます。
夏の便秘は、繊維質や水分が不足して、便が腸の中でいつまでも留まってしまう、ということが多いのです。

また、夏はついつい、冷たいものを食べ過ぎて、お腹を壊すこともよくあります。
実は、下痢をすることで、排便のリズムが狂い、それが原因で便秘になることも。
下痢は、また新たな便秘が起きるきっかけになってしまうので、常にお腹の調子を整えておくこともとても大切です。

夏は食欲が落ちたり、下痢をしたり・・・と、何かと胃腸のトラブルが起きやすい季節でもあります。
まずは栄養のバランスを考えて、3食しっかりと摂ることが便秘の予防にもつながります。

うんち素材画像4私のオススメ便秘解消の最終兵器「ハーブdeスルリ」を無料サンプルから

気軽に試してみてはいかがですか!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ