便秘薬や下剤は、なぜ常用してはいけないの?

便秘をするとお腹も苦しくなりますし、とにかく不快。
人によっては慢性的な便秘で、1週間以上便意が無いことも、さほど珍しいことではありません。

どうしても便意が起きない場合、多くは最終的に、便秘薬や下剤を用いることになりますが、それはあくまでも頓服としての一時的な利用として使うことが大切。
決して常用してはいけません。

では、なぜ便秘薬や下剤を常用するのはいけないのでしょうか?

人間の体は、薬剤を用いると、時に依存してしまったり、効果として慣れてしまう一面があります。
特に排便は、便秘薬や下剤を使うほど、腸が機能を依存しやすい性質があり、だんだん慣れて、効き目が弱くなってきていまいます。

中には、10年間下剤を飲み続け、下剤を飲まないときにはむくみが出るほど体調を崩すケースもあります。
下剤を止められなくなると、体の機能もおかしくなり、顔や指先までむくみ、ひどい頭痛が出る人もいます。

また、ずっと下剤を飲み続けると肛門のしまりが悪くなってくることもあります。
便秘薬や下剤を大量に使う習慣がつくと、便意が我慢できない状態になり、家から出れなくなる人すらいるのです。

便秘や下剤を常用する人の中には「便秘になると太るのが怖い」というケースもあり、精神的な問題を抱えていることも。

自然に起こる排便は、まさに健康のしるし。

便秘薬や下剤を常用している人は、体が悲鳴を上げる前に、うまく断ち切ることが大切です。
もし、いきなり便秘薬をやめることが不安な場合は、代替として、便秘を改善する

天然ハーブ系のサプリメントなどを上手に取り入れてみるのもいいですね。

うんち素材画像4私のオススメ便秘解消の最終兵器「ハーブdeスルリ」を無料サンプルから

気軽に試してみてはいかがですか!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ