肉好きな人は便秘になりやすい? 

「野菜や魚より断然肉が好き!」という人は便秘になりやすい、と言われていますよね。

ただし、これは「肉が好きなだけで便秘になる」というわけではなく「肉ばかり食べていると便秘になりやすい」というのが正しい表現。

お肉が好きな人は、その分野菜もたくさん食べれば、まず便秘にはなりません。

では、なぜ肉ばかり食べていると、便秘になるのでしょうか?

原因はいろいろあるのですが、まず挙げられるのは、肉がたんぱく質の塊、という点。
肉に含まれるたんぱく質は、消化する際に熱が放出されます。
肉を多く摂ると腸が熱を持つことになり、その分水分が蒸発するので、硬い便になりやすい特徴があります。

また、肉類に含まれるたんぱく質は、小腸でほとんど吸収されてしまい、カスがあまり残りません。
つまり野菜を食べずに、肉ばかり食べていると、硬い便が少量しかできないことになります。

さらに、もともと野菜を中心に食べていた日本人の腸は、他の民族より長く、肉を食べ続けていた欧米人に比べて1.3倍も長いと言われています。
硬くて少ない便が、長い時間をかけて腸を通過する・・・これはまさに便秘の状態ですよね。

「肉ばかり食べていると、便秘になる!」というのは、まさにこのメカニズムが主な原因。
肉を食べたから便秘になるのではなく、お肉だけを食べて、食物繊維を取らないから便秘になるんです。

ちなみに「お肉は好きだけど、野菜が苦手・・・」という人は、フルーツをたくさん食べていると、便秘しにくいそうですよ。

「うんち」の画像検索結果 私が20年以上悩み苦しんだ便秘から解放してくれたカラダに優しいサプリメントをサンプルから試してみてはいかがですか?

無料サンプルはサイドバーをクリック!もしくは『腸内洗浄ハーブ 無料サンプル』で検索!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ