乳酸菌を摂りすぎたらどうなるの?

便秘解消や予防にヨーグルトを食べている人も大勢いますが、それは乳酸菌が摂れるから。
特に最近は「トクホ」マークのついた乳酸菌飲料や、ヨーグルトが販売されて、とても人気の商品になっています。
トクホマークのないヨーグルトよりも、便秘解消効果も高いのようですしね。

実際、健康維持も兼ねて、毎日ヨーグルトも食べて、サプリメントも飲んで、乳酸菌飲料も飲んで・・・という人もいますが、乳酸菌は菌類だし、もし腸の中で異常なほどに増えすぎたら、どうなっちゃうのでしょう?
今度は下痢をしちゃうんじゃないか?とちょっと心配になってきませんか?

個人的にもとても気になったので、乳酸菌を取り過ぎても本当に大丈夫なのか、近所の薬剤師さんに聞いてみました。

その答えは「全く問題ございません。」とのこと。
「例えば、ビフィズス菌は腸内で働く善玉菌の代表的な存在なのですが、とにかく積極的に摂って、常に腸内環境を改善していただきたいものです。」と言うことでした・・・。

なお、ビフィズス菌の場合は、たとえ摂りすぎて、お腹の中がビフィズス菌でいっぱいになったとしても、特に健康上で問題が起こるような心配は一切ないそうです。
また、ビフィズス菌で下痢をすることはなく、むしろ下痢をしている時こそ、積極的に摂ってほしいぐらい、だそうですよ。

ちなみに、母乳で育っている赤ちゃんの腸内環境は、なんと100%近くがビフィズス菌で占められているのだとか。
抵抗力の弱い赤ちゃんの健康を守っているのが、腸内で働くビフィズス菌なんですね。
そうと分かれば、遠慮なくどんどん摂って100%を目指しちゃいましょう。

「うんち」の画像検索結果 私が20年以上悩み苦しんだ便秘から解放してくれたカラダに優しいサプリメントをサンプルから試してみてはいかがですか?

無料サンプルはサイドバーをクリック!もしくは『腸内洗浄ハーブ 無料サンプル』で検索!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ