注意が必要な便秘の症状

便秘で悩んでいる人の多くは慢性的な症状の場合が多いと思います。

慢性的な便秘に対しては、便秘薬で症状を改善させようとするでしょうが、その便秘薬を飲むということがさらに便秘を慢性化させてしまうということもあります。

下剤などの便秘薬の使用は、そのときには効き目があるのですが、使い続けることで依存的傾向が強くなります。

便秘薬に頼りすぎると自然な排便が出来なくなるということは以前にもお話したと思いますが、それが慢性的な便秘の原因にもなっていくのです。

症状が重くなるにつれて改善のために飲む便秘薬の量も増えていくものです。
こうなってしまうといずれは依存症ということになってしまうでしょう。

その後はさらにどんどんと効き目の強い便秘薬を使わなくてはいけなくなってしまいます。

確かに効き目の強い便秘薬であれば、症状が重くなっていても改善はできるでしょうが、強い便秘薬であればそれだけ副作用の心配をしなくてはいけなくなってしまうものです。

そんな強い薬を使い続けていて腸にいいということは考えられないでしょうからね。
本当に重症になる前に注意して対処するようにしてください。

薬で改善させようということは出来るだけ少なくして、どうしても我慢が出来ないというようなときにだけ薬は使うようにしてください。

そして、使う薬も強いものではなく刺激の少ない軽めの薬を使用するようにすると良いでしょう。

便秘薬の依存症になってしまわないように注意することが大切です。

「うんち」の画像検索結果 私が20年以上悩み苦しんだ便秘から解放してくれたカラダに優しいサプリメントをサンプルから試してみてはいかがですか?

無料サンプルはサイドバーをクリック!もしくは『腸内洗浄ハーブ 無料サンプル』で検索!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ