甘く見ないほうがいい下剤依存症

下剤は便秘の症状の緩和のためには時として必要である事は否定はしません。
確かに下剤では便秘を治すことも出来なければ、副作用もあって出来ればおすすめしたくない方法です。
それでも、便秘の症状が緩和されないままでいるというのはストレスの原因にもなります。
ストレスをためることは便秘の原因にもなれば、心身ともに悪い影響をあたえてしまうものです。

総合的に見れば、下剤を使った方が効果が得られる場合もあるということになるでしよう。
でも、下剤は使えば使うほど量を増やしたり刺激性の強い薬に替えていかなくては効果が出ない場合が多いのです。
それが続くと下剤を手放せなくなってしまい、排便には必須のアイテムとなってしまいます。
そこまで行くと下剤依存症ということになってしまうでしょう。
特に刺激性の強い下剤を常用することで起こります。

では、刺激性の少ない下剤であれば常用してもいいかというと決してそんな事はありません。
生活習慣で便秘を改善の方向をむかわせたとしても、下剤依存症になってしまっているとうまく行かないかもしれません。

腸内環境が正常に戻っていたとしても、精神的な面での依存症が治らなくて下剤がなくては排便ができないという状態が続いていたとしたら、いくら便秘が改善できたとしても意味がないということになってしまいます。

下剤はあくまでも短い期間に症状の緩和のために使うものと理解して、便秘解消の薬だとは思わないようにすることです。
そして、依存症にはならないように気をつけてください。

「うんち」の画像検索結果 私が20年以上悩み苦しんだ便秘から解放してくれたカラダに優しいサプリメントをサンプルから試してみてはいかがですか?

無料サンプルはサイドバーをクリック!もしくは『腸内洗浄ハーブ 無料サンプル』で検索!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ