センナはお茶じゃなくクスリ

便秘薬は飲むと下痢になるし、クセになるし、カラダに悪いからやめようと思い便秘が治る自然なものを探しました。

そして、見つけたのがセンナです。植物だし、便秘解消の民間薬として用いられてきたものだっていうし、煮だしお茶みたいに飲めるものだし、カラダにやさしく、おだやかに便秘を治してくれる感じがする。

さっそく、ドラッグストアでセンナを購入し、煮だしてみる。これが、すごい臭い。とにかく便秘薬以外のもので便秘を治したいから飲んでみる、これが、すごく不味い。だけど、良薬は口に苦して昔からの言い伝えがあるし、不味いのは効く証拠だろうと我慢して飲みました。

翌日、ウッお腹が痛いと目が覚め、トイレに駆け込み、お腹はグルグル、脂汗タラ~リ・・・・・ひどい下痢状態でした。なんだか、便秘薬よりもヒドイような気がする。でも、自然のものだし、お茶感覚で飲めるし、大丈夫だろうと飲み続けました。

それにしても、飲むたびにお腹が痛くなるし、下痢になるし、量を増やさないと効かなくなるし、本当にカラダに優しいものはないだろうかと疑い始めていたら、案の定、センナも下剤の一つでした。

センナを飲んで、下痢してしまった後、どうしょうもない脱力感があり、グッタリしてしまうことがたびたびありましたが、センナのような下剤を飲み続けると、カラダの中のカリウムが排泄されてしまうため、筋肉が弱くなり、倦怠感や脱力感を招くことになるという。

それに、センナの葉はカラダを冷やす作用があるから、飲み続けると冷え性になり、ますます便秘がひどくなる可能性があります。

うんち便秘解消の最終兵器「ハーブdeスルリ」を無料サンプルから気軽に試してみてはいかがですか!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ