元気な毎日を過すには内臓機能のバランスが大切!

東洋医学ではすべての病(空気感染の病は別)はおなかからきていて、内臓機能のバランスが乱れると、気や毒素がたまって血が汚れ、抵抗力も衰え病気になるといわれています。

それでまず、お腹の掃除をして血行を良くし、臓器を健康にし、問題の原因にあたる内臓を見つけ、そこを補助しながら機能のバランスをとっていく。
おなかを掃除して活性化すると良く良くがでてきます。
(人間は食べられなくなったら終わりです)と昔の人がよく言っていたように、漢方では「食欲」=「生命力」というくらい食欲を重要視します。

そして、同時にどのような食品で食欲を満たすかということも重要視します。
東洋医学の考え方では、食品の選択は経験から提示するものとされています。
たとえば、豚肉はおなかに入ると水になり、牛肉は火になるといい、海老を食べ過ぎると傷口が直りにくくなるという。
髪の毛が抜けるのは血行が悪く、体内熱がアンバランスになり血が火になるからだという。
これらすべては内臓からきており、内臓へいく食品からきていると説いている。

基本は内臓に負担がかからない消化の良い食品を消化しやすいシンプルな調理法で食べること。
食欲がでればもちろん元気になるし、便通がよければ爽やかで気分がよくなります。
気分が良ければ行動的になるので夜もぐっする眠ることができます。

「うんち」の画像検索結果 私が20年以上悩み苦しんだ便秘から解放してくれたカラダに優しいサプリメントをサンプルから試してみてはいかがですか?

無料サンプルはサイドバーをクリック!もしくは『腸内洗浄ハーブ 無料サンプル』で検索!

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ