ラクトース(乳糖)で便秘解消

先日、あるお医者さんが便秘解消にはラクトース(乳糖)が効果的です。ラクトースを多く含む食品を食べましょうと語っていました。ラクトース(乳糖)とは、グルコースとガラクトースからなる二糖類で、母乳や牛乳などに多く含まれている成分だそうです。

このラクトースの働きで知られる主なものは、二つあるそうです。

その一つは、カルシウムやマグネシウムの吸収を促進してくれる作用で、もう一つが、腸内環境を整えて便秘を改善してくれる「整腸作用」なのだとか。

ラクトースが体内に入ると、そのままの状態で腸まで届き、腸内善玉菌として知られる乳酸菌がこの乳糖を栄養源として、1時間に二十兆個にも増殖することが分かっているのだそうです。

乳酸菌が増えると、単純に悪玉菌の住めるスペースが減るだけでなく、腸内が酸性の状態になり、悪玉菌の定着しにくい環境へと変化していきます。

さらに、乳酸菌の働きにより腸内はたっぷりの水分で満たされ、また乳酸菌のもうひとつの大きな働きである「腸のぜん動運動促進」で、便通が良くなるということになるそうです。

そんな【乳糖(ラクトース)を多く含む食品】は「牛乳、ヨーグルト、チーズ、母乳」などなど。

いわゆる「乳製品類」なんですね。私はチーズが大好きなので、ほぼ毎日食べていますが、この話を聞いて以来、チーズを食べるモチベーションがさらに高まってしまいました。

その結果、市販のチーズピザに、さらにモッツァレッラなどをトッピングして食べています。

「がんばれラクトース、私の便秘を解消して」と祈りながら……。便秘解消にはハーブも効果的です!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ