便秘解消にも効くリンゴ酢を作ってみよう

体にいい調味料として古くからとても有名な「酢」ですが、実は、便秘解消にも効果があります。
健康のために酢を飲んでいる人もたまに見かけますが、においや酸っぱさが苦手・・・という人も。

最近はさまざまなフルーツ酢も発売されて、ちょっとした人気の商品なんだそうですが、家庭でも簡単においしいフルーツ酢が作れるので、ぜひ試してみてくださいね。

そんなわけで今回は、フルーツ酢の中でも特に便秘の解消効果が期待できる「スペシャルリンゴ酢」をご紹介します。

(材料)
リンゴ・・・2~3個
はちみつ・・・400g
酢(穀物酢でもワインビネガーでも何でもいいです)・・・500ml
(更にリンゴ酢を保存するための蓋つきの瓶が必要です。)

(作り方)
1、りんごを洗ってキッチンペーパーなどで拭き、よく水気を取ります。
2、8等分に切って、芯を取り、さらに皮ごと3等分に切ります。
3、熱湯などでよく消毒した瓶に、切ったりんごを半量→はちみつ半量→りんご半量→はちみつ半量の順に入れ、更に酢を注ぎ入れます。
4、しっかりと瓶のふたを閉め、冷暗所で2週間おいておきます。(暑い季節は冷蔵庫に入れておきましょう)
5、2週間経ったら、りんごだけを取り出してください。

あとは残ったリンゴ酢を適当な瓶に移し替えてできあがり。

ちなみにこのリンゴ酢は、冷蔵庫で保存しておけば1年は持つ優れもの。酢が苦手な人でも5~7倍程度に薄めれば、飲みやすくなります。
夏に飲めば、便秘解消だけではなく、夏バテの予防にも効果がありますよ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ