ダイエット中の便秘解消に、「ブロッコリー、おくら、ひじき」

便秘はちょっとしたことがきっかけで、誰でも起こる症状なのですが、特にダイエットを始めると、とたんに便秘になる人が続出します。

これはダイエットという名目上、無理な食事制限を行うことが大きな原因。
特にご飯を食べる量を減らしたり、1食2食を食べずにいると、すぐに便秘となります。

「炭水化物は、太る原因!」とばかりに、ダイエット中は控える人が多いのですが、腸は食生活の変化にもとても敏感。
今まで食べていた量で、便のカサもちょうど良かった場合、食べる量を減らすことは、食物繊維不足を引き起こしてしまいます。

ダイエット中の便秘を防ぐためにも、カロリーを抑えつつ、バランスのとれた食事を摂ることが大切なのですが、実はそれがなかなか難しいんですよね・・・。
そこでぜひうまく活用してほしいのが、「ブロッコリー」と「おくら」と「ひじき」。
この3つの食材は、食物繊維が豊富で、しかも体に必要な栄養素をたくさん含んでいます。

使うポイントとしては、とにかく少しずつでもいいので、コツコツできるだけ1日3回の食事に取り入れていくこと。
特にダイエットを始めてから便秘がち・・・という人は、おそらく食物繊維の量が足りていないので、ブロッコリー、おくら、ひじきを積極的に食卓にのせるようにしてみましょう。

ちなみにこの3品は、健康的に痩せるダイエット食として話題になっている「タニタの社員食堂」のメニューでも、頻繁に利用されています。
ダイエット中は便秘との戦いにもなりやすいのですが、安易に薬などで便秘解消せずに、あくまでも食事で改善する事が基本です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ