効率よく水分を摂取して便秘解消をしましょう

水分不足と便秘は比例関係にあります。
水分が少ないと便秘になりやすくなります。
便の水分保有量はどのくらいがベストだか知っていますか。
それは約60%~80%と言われています。
しかし、人間は睡眠中や発汗、尿、便で1日2リットル前後の水分を体外に出しています。
よく言われている1日2リットルの水分を取った方がいいというのは、ここから出てきています。
細かく言うと、成人は体重1kgあたり40mリットルと言われています。
摂取した水分の9割は小腸で吸収されてしまいます。
では、どうすれば水分を大腸まで届けられるのでしょうか。

その方法は「ご飯」を食べることです。
ご飯は、胃や小腸で水分を含んでノリ状となり大腸までいきます。
一般にご飯は消化が悪いとかお腹持ちがいいと言われるのは、そう言った理由からです。
ダイエットのためにご飯を控えている人は、便秘になりやすいです。

そして、飲む水は「硬水」のほうが便秘にいいです。
硬水とは硬度が120以上のもので、ミネラルが多く飲みにくいものです。
日本の水道水は軟水で、硬水は買うことになります。
外国製のミネラルウォーターは硬水のものが多いです。
硬水は、排便を促す「カルシウム」と「マグネシウム」の濃度が高いです。
カルシウムは腸の蠕動運動を促し、マグネシウムは便を柔らかくする働きをします。
しかし、飲みすぎると便の水分が増えすぎて下痢になる可能性もあります。
飲む頻度や量は考えて飲むことをオススメします。

もし、硬水が飲みにくく、また水を飲むのも気が進まない人もいるでしょう。
水以外にもカフェインが少ないほうじ茶や番茶、腸の緊張を緩和してくれるペパーミントティー、ジンジャーティー等がいいでしょう。

ただ単に水を飲んでも大腸まで届かないかもしれません。
少しでも効率の良く水を摂取して、便秘を解消しましょう。

「うんち」の画像検索結果 私が20年以上悩み苦しんだ便秘から解放してくれたカラダに優しいサプリメントをサンプルから試してみてはいかがですか?

無料サンプルはサイドバーをクリック!もしくは『腸内洗浄ハーブ 無料サンプル』で検索!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ