自分にあったヨーグルトを見つけましょう

便秘に悩み、その解消のために毎日ヨーグルトを食べている人も多いと思います。
ヨーグルトにはビフィズス菌や乳酸菌が多く含まれていて、これらの菌が善玉菌と悪玉菌の腸内バランスを整えてくれます。
ヨーグルトの菌は300種類以上いると言われており、それぞれの菌には特性があります。
例えば、ダノンビオのBE80菌は、他のビフィズス菌に比べて生命力が強く、胃や腸などの消化管を通過しても生き続けます。
また、ビヒダスヨーグルトのビフィズス菌BB536は酸や酸素に強く、製品の中での生菌数が高く生きたまま大腸に到達します。
しかし、これだけの色々な特性のある菌から自分に合ったヨーグルトを食べないと、便秘の解消はできません。

では、どのようにして自分にあったヨーグルトを選ぶのでしょうか。
それは食べてみないと分かりません。
1日に200g程度の量を2週間続けて便秘が解消できれば、自分にあったヨーグルトということです。
解消できない場合は、違うヨーグルトでまた2週間試してみて下さい。

ここでちょっとした知識ですが、日本人の小腸には「ガセリ菌」、大腸には「ビフィズス菌」という善玉菌が多くいるそうです。
その2つの菌を持っているヨーグルトがあります。
それは「メグミルク 恵」です。
この2つの菌は腸内環境を改善する効果が強く、特に日本由来のガセリ菌は最大90日間とどまり高い定着性を持っています。
日本人の腸内が持っている菌を含んだヨーグルトなので、日本人に合いやすのではないでしょうか。

そして、ヨーグルトを食べるタイミングにも気を付ければ、もっと効果を得やすくなります。
便秘解消の場合は食後に食べるほうがよく、食前に食べると胃酸の濃度が高いため菌が壊されやすいです。
また、グリコ乳業と藤女子大学によれば、朝食後に食べるほう一番効果が得られやすいと発表がありました。
もっと効果が得たい場合は、朝食後と夕食後が一番いいらしいです。

便秘解消のためには自分にあったヨーグルトを見つけないと、解消できません。
今のヨーグルトで効果を感じていない人は、違うのを試してみてはどうですか。

「うんち」の画像検索結果 私が20年以上悩み苦しんだ便秘から解放してくれたカラダに優しいサプリメントをサンプル請求してみてはいかがですか?

無料サンプルはサイドバーをクリック!もしくは『腸内洗浄ハーブ 無料サンプル』で検索!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ