お酒好きの人のための便秘解消法

お酒を飲むと、便通が良くなったり下痢になった経験がある人もいるでしょう。
それはアルコールに腸を刺激する作用があるからです。
アルコールを摂取すると、腸の中の便の水分が体に吸収される前に排出されます。
便に水分が含んだまま排出しようとするので、スムーズに便を排出できます。
しかし、アルコールが便を軟らかくするのではなく、体の機能がマヒしてしまったためお通じが良くなるという副作用です。
これは、一時的なもので、人によっては合う合わないがあります。
一時的にでも便秘を解消したい人にはお勧めだと思います。

お酒なら何でもいいというわけではありません。
度数が高いお酒は内蔵機能を低下させるため、ワインや日本酒、焼酎は避けるようにしましょう。
飲むのなら度数の弱いビールや酎ハイを飲むようにしましょう。
特に炭酸は胃や腸を刺激するので、さらに便秘解消効果が高くなります。
飲む量は、ビールならグラス1杯(200ml~300ml)、缶チューハイなら1本程度が良いでしょう。
飲む量が多いと、アルコールは刺激が強いため、一定量を超えるとアルコールを分解するのに大量の水分を必要とします。
そして、腸内の水分を奪い、尿を排出する利尿作用があります。
そうすると、さらに便秘になってしまいます。

つまみにも注意して、更に効果を高めたいですよね。
脂っこいものや肉は、便秘の原因となってしまうので控えたほうがいいでしょう。
野菜たっぷりのサラダや、豆腐、枝豆、海藻、酢の物を積極的にとうようにすれば、さらなる便秘解消効果を得られます。

お酒好きにはお勧めの便秘解消法ではないでしょうか。
しかし、お酒は適量に飲んでこそ「百薬の長」ですので、飲みすぎには気を付けてください。

「うんち」の画像検索結果 私が20年以上悩み苦しんだ便秘から解放してくれたカラダに優しいサプリメントをサンプル請求してみてはいかがですか?

無料サンプルはサイドバーをクリック!もしくは『腸内洗浄ハーブ 無料サンプル』で検索!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ