便意の我慢は、便秘の原因です

もしかすると、あなたの便秘の原因は便意を我慢しているからかもしれません。
毎朝忙しくてトイレでゆっくりできない人も多いでしょう。
また、自宅以外では排便できないという人も多いのではないでしょうか。
便意を我慢することで便意をもよおさなくなり、便秘に繋がってしまいます。

排便には、筋肉や神経などの関係する場所を動かすために脳からの指令が必要になります。この指令を出させるには腸からの「直腸反射」が必要です。
直腸反射は、直腸にたまった便が、腸壁を刺激することで起こる現象です。
これが便意として脳に伝えられ、排便となります。

さらに、便は直腸にたまったままになり、水分が吸収されて、便が固くなり便秘の原因となります。
便意を我慢することは、身体にとっても大きな負担がかかってしまいます。
また、便意を我慢することや、下剤で無理やり排便をすることを続けると、便意自体を感じなくなってしまいます。
腸本来の働きを下剤が阻害し、直腸の運動がにぶり直腸反射が脳に送られなくなってしまいます。

これを改善するためには、排便のリズムを作ることが大切です。
毎朝、トイレで15分~20分ほどゆっくりできる時間を作るようにしましょう。
朝は腸が活発に働き、排便をしやすい時間帯です。
毎日決まった時間にトイレで排便をしようとする気持ちが大事です。
便がでなくても、そのような習慣をつけるけることで体もその習慣に合わせて、排便が起こるようになってきます。
朝に排便をすることで、外出中に便意をもよおす心配が少なくなり、便秘の予防、解消に繋がります。

便意を我慢することは、便秘になる原因です。
排便のリズムを作ることで、便秘を改善することができます。

「うんち」の画像検索結果 私が20年以上悩み苦しんだ便秘から解放してくれたカラダに優しいサプリメントをサンプル請求してみてはいかがですか?

無料サンプルはサイドバーをクリック!もしくは『腸内洗浄ハーブ 無料サンプル』で検索!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

便秘解消のトップへ